ラグの原因

対戦ゲームをプレイするにあたってラグ解消はとても重要な問題です。銃で撃ち合うタイプの対人ゲーの多くは、重さをPingと呼ばれる数値で表しています。Ping30~80くらいで正常、150を超えると微ラグ、250を超えるとプレイに支障をきたし、他プレイヤーから注意されることもあるでしょう

よくある簡単なラグの原因をまとめました。心当たりのある点があれば一つづつ改善していきましょう。後に解決用法を記述してあります

PCの問題によるラグ

  • 同じゲームを長くプレイしている
  • プレイしている対戦ゲームの動作環境を満たしていない
  • ウィルスチェックソフト

回線の問題によるラグ

  • 有線ではなく無線LANを使用している
  • ポートの解放をしていない
  • ケーブルの周りに電化製品がある

無料のラグ解消方法

同じゲームを長くプレイしている

ずっと同じクライアントソフトを使用していると若干ですが重いことがあります。アンインストールして、公式サイトから再ダウンロード、インストールしてみましょう

プレイしている対戦ゲームの動作環境を満たしていない

PCの性能なのでどうしようもありませんがスタート→コントロールパネル→プログラムの追加と削除で不要なファイルを削除してHDDの空き容量を増やすことはできます

専用パーティションを作り、プレイしているゲームだけを導入する。(4Gも用意すれば十分)
SSなどもある程度貯まったら、CD-ROMへ焼くなどして、なるべくファイルを減らす。

ウィルスチェックソフト

ノートン先生やウイルスバスターなどのソフトがゲームに支障をきたす場合もあります。プレイ時、一時的に動作を停止すれば若干軽くなりますがもちろんセキュリティは低下します

有線ではなく無線LANを使用している

無線ランはノイズの影響を受けやすいので無線ランで対戦ゲームをプレイするのはおすすめできません。有線を使いましょう(持っていれば)。長さは短いほうがいいです

ポートの解放をしていない

FPSの多くは公式サイトでポートの解放という記事があります。ポートとは穴だと思ってください。自分が発信する情報を、ポートの穴を通すことでラグを軽減できます。難しくないのでチャレンジしてみましょう。

ケーブルの周りに電化製品がある

有線ケーブルでも周りに電化製品があると影響を受けるようです。なるべく整理してきれいにしましょう

デフラグ

デフラグはばらばらになったデータのかけらを整理することだと思ってください。これをすることによってある程度ラグはマシになります

これはHDのデーターが連続するように並べ替えるので、、一つのファイルを読み込むのに、HDのいろいろな場所を探さないですむ。そのためファイルが読み込まれるのが早くなる。書き込み時にも連続した場所が空いてるので、すばやく書き込むことが可能。

デフラグの手順
  • 起動しているアプリケーション等をすべて終了する
  • マイコンピュータを開く
  • ハードディスクのプロパティを開く(多くは右クリックで出てきます)
  • ツールタブ→最適化するボタンをクリック
  • ディスク デフラグツールの分析ボタンをクリック
  • 最適化を押してデフラグを開始します
デフラグは時間がかかります。1時間以上はかかると思ってください。デフラグ中はなるべくPCに触らないようにします。

ポートの開放とデフラグをもう少し詳しく書いたページを作りました

よければご利用ください。

ポートの開放をする方法

デフラグをする方法

アクセスランキング
スポンサードリンク

サイトマップ
Copyright (C) 2009- ゲームで対人! All Rights Reserved
対戦ゲームのデータ、画像等の著作権は各運営会社に属します。